カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

防水性能表示のご説明

防水性能表示のご説明
時計の防水機能には ISOやJISなど各種規格及び等級が存在します。
各規格等級を正しくご理解のうえ、安全にご使用ください。

【ご注意】時計の「防水」とは、ほとんどの場合「完全防水」を意味するものではありません。
下記の説明を良くご理解のうえ、時計を安全に正しくお使い頂く為に
取扱説明書も必ずご覧下さい。

●ISO規格 : 国際標準規格
ISOではダイバーズウォッチの安全性確保の為に、ISO-6425(1984.5.15)で以下の要求事項を規定しています。

  • 少なくとも 100mの水中浸漬が可能で、その1.25倍の水圧に耐える耐圧性(200mの場合は250m相当)があること
  • タイムプリセレクティング装置(ベゼルリング)を備えていること(誤作動、逆転防止付)
  • 視認性として、暗所で25cmの距離から時計の作動常態やセット時間がわかること
  • 耐塩水性として、3%の食塩水の中に24時間放置しても正常に作動すること
  • 耐磁性として、4,800A/m(約60ガウス相当)の直流磁界で作動すること
  • 耐圧の信頼性として、表示圧の1.25倍の圧力を水中で2時間加圧しても作動すること
  • 水中操作性として、水深30cmでベゼルリングの操作が出来ること
  • 耐衝撃性として、ハードウッド(固い木)の面に1mの高さから落としても耐えられること
  • 耐熱衝撃性として、40℃の水中に10分間、5℃の水中に10分間という温度変化に耐えられること
  • ヘリウムガス雰囲気中で使用したとき、時計の正常な機能が損なわれる危険性があることに注意しなければならない(ヘリウムガスを使用した飽和潜水に使用可能であるか否かを予め表現しておくこと)


●JIS規格 : 日本工業規格
ダイバーズウォッチに関して、1993年1月にJIS規格(日本工業規格)が制定されました。
JIS B 7023-1993では、潜水用携帯時計として「時間管理を必要とする潜水に用いる携帯時計」を対象に、その種類と性能について規定してします。
この規格では以下の要求を規定しています。
----------------------------------------------------------------------
種類  用 途                     水深等級 
----------------------------------------------------------------------
1種  スクーバダイビングなどの空気潜水で使用するもの 100m, 150m, 200m 
----------------------------------------------------------------------
2種  飽和潜水などの混合ガス潜水で使用するもの    200m以上, 100mおき 
----------------------------------------------------------------------


  • 判読性として、明るい所及び暗い所で25cmの距離から時計の作動常態やセット時刻がわかること
  • 耐磁性として、4,800A/m(約60ガウス相当)の直流磁界で作動すること
  • 耐衝撃性として、ハードウッド(固い木)の面に1mの高さから落としても耐えられること(代用衝撃試験機による)
  • 耐塩水性として、3%の食塩水の中に24時間放置しても正常に作動すること
  • 水中作動性として、水深30cmで作動機構が正常に作動すること
  • 付属品の耐外力性として、バンドを締めた状態で200N(約20Kg相当)の力で引っ張っても耐えられること
  • 操作部防水性として、リューズ部に5N(約500g相当)の外圧を加えた状態で1.25倍の水圧に10分間保持しても異常がないこと
  • 耐熱衝撃性として、40℃の水中に10分間、5℃の水中に10分間、さらに40℃の水中に10分間という温度変化に耐えられること
  • 加圧防水性及び強度として、表示圧の1.25倍の圧力を水中で1時間加圧しても耐えられること(200mの場合は250m相当)
  • 耐浸せき性として、水深30cmの水中に50時間浸せきしても異常がないこと
  • タイムプリセレクティング装置を備えていること(回転ベゼル、数値表示装置など)
  • 耐ヘリウムガス性として、2種潜水時計については、別に定めるヘリウム混合ガス加圧試験を実施し、この規格に満足しなければならない


●3気圧防水:日常生活防水
洗顔や雨など日常生活で予想される一時的に水滴がかかる程度の範囲内で使用できます。

  • 水圧のかかる場所では使用できませんが、日常生活時の防水性能としては必要充分といえます。
  • ※水滴がついた状態でのボタン操作は、故障の原因となる事があります。
  • ※水仕事や潜水のための時計ではありませんから、水の中に入れてしまうような環境での使用はできません。


●5気圧防水 : 日常生活強化防水
日常生活防水よりも更に防水性を強化してあります。

  • 長時間水に触れる機会の多い、水仕事や水上スポーツなどをされる方向きです。
  • ※但し、潜水のための時計ではありませんから、水圧の変化が激しい環境で使用すると水が入る場合があります。


●10気圧防水 : 日常生活強化防水
日常生活防水よりも更に防水性を強化してあります。

  • 長時間水に触れる機会の多い仕事(漁業・農業・洗車・食堂 etc)や、素潜り・水上スポーツ(水泳・ヨット・つり etc)をされる方にも安心してお使い頂けます。
  • ※但し、潜水のための時計ではありませんから、水圧の変化が激しい環境で使用すると水が入る場合があります。


●20気圧防水 : 日常生活強化防水
日常生活防水よりも更に防水性を強化してあります。

  • 水に触れる機会の多い仕事(漁業・農業・洗車・食堂 etc)や、素潜り・水上スポーツ(水泳・ヨット・つり etc)をされる方にも安心してお使い頂けます。
  • ※但し、潜水のための時計ではありませんから、水圧の変化が激しい環境で使用すると水が入る場合があります。


●200m防水 : 空気(スキューバ)潜水用防水
水深200mまでの耐圧性と長時間水中使用に耐える防水性を備えています。

  • スキンダイビング、スキューバダイビングなどに使用される方におすすめ時計です。
  • ※但し、飽和潜水には使用できません。


●200m防水~1000m防水 : 飽和潜水用防水
水深200m~1000mまでの耐圧性と長時間水中使用に耐える防水性を備えています。

  • スキンダイビング、スキューバダイビングなどに使用される方におすすめ時計です。
  • ヘリウムガスを使用する潜水方式(飽和潜水)にも使用できます。


●水中でのボタン操作について
  • 10気圧防水、20気圧防水等の防水機能がついているからといって、水の中(時計がぬれた状態)でボタン操作はしないで下さい。
  • 防水だから大丈夫といって水の中(時計がぬれた状態)でボタン操作をすると、ボタンの部分から水が入り故障の原因になる場合があります。
  • 針(アナログ)式の時計の場合でも同じことがいえます。


●防水時計といっても注意が必要
  • 日常の使用でも、洗車場の水や勢いの強い水道水、シャワーなどが直接時計に当たると防水性能を超える高い水圧を受ける場合があります。
  • ケースと裏ぶた(ケースとリューズ)の間にはパッキンというゴム製の物が入っています。パッキンは防水性能を維持するために重要なものですが、経年変化でパッキンが弾力を失うと水分が浸入しやすくなります。
  • パッキンは電池交換のときに一緒に交換されることをお奨めします。(パッキンも交換する時はそのことを店側に伝えてくださいね。)
  • さらにケースやガラスに痛みがありますと防水能力を維持できない場合があります。
  • また時計をお風呂にはめてはいる方がいらっしゃいますが、お風呂にはめて入らないで下さい。
  • 時計の防水は水を前提に作られていますので、お湯に入れるとパッキンなどが熱で変形して防水性能を維持できなくなったりします。

ページトップへ